試作した曲線走路ユニットの仕様
  走路幅   :260mm
  曲率半径   :870mm
  駆動方法  :エアシリンダ式プッシャー

将来はコイル間欠配置PM-LSM(永久磁石リニア同期モータ)で駆動する予定です。

直線走路との接続部はクロソイド曲線を採用しているので、
遠心力の影響もなく、極めて滑らかです。

エア浮上搬送曲線走路ユニット

 曲線走路を用いたエア浮上搬送を可能にする、画期的な走路ユニットです。現在、試作装置を和功産業にて展示中です。
曲線走路ユニットを用いることにより、エア浮上走行中に連続的に搬送経路の方向転換を行うことが出来るため、
クリーンルーム内搬送のレイアウトを合理化(床面積節減)すると共に、搬送の所要時間を短縮し、
クリーンルーム内搬送のトータルコストを低減します。